業務の流れ

仕事の流れを追ってみよう

STEP1

営業

    営業

 

主に、お仕事を頂いたことのあるお客様へのあいさつ等、ルート営業。

時には、市町村の入札結果を見て、新規開拓にも行きます。

STEP2

お見積り

   お見積り

 

営業に行った時やお客様が業務を落札した際に見積依頼があります。お客様から頂いた資料を元に見積りをします。


お見積りをしたからといってお仕事につながるという確実な保証はありません。

 

STEP3

受注

   受注

 

作成したお見積りを見て、取引先からご依頼があれば受注を承ります。

STEP4

打ち合せ

   打ち合わせ

 

仕事を受注すると、まずは、担当者とお客様との顔合わせを兼ねた、初回打合せに伺います。この時以降は、技術者の担当者が、お客様とのやり取りを含め、すべて受け持ちます。

STEP5

協議

   協議

 

橋梁の多くは、他の道路や河川と交差しているため、その管理者への説明・協議を行います。

道路を規制する場合は、所轄警察署交通課の許可も必要です。

STEP6

準備

   準備

 

現場が始まるまでに、ガードマンの手配・高所作業車の手配・必要機材の準備・記録用紙の作成など、様々な準備が必要です。

STEP7

現地での点検業務

   現場での点検業務

 

点検業務は受注の規模によって現場期間に変動があります。短くて2~3日間、長くて半年のものもあります。

点検方法も多様で、歩きながら行えるものから、作業車の使用が必要になってくるものもあり、中でもハンマーは必須アイテムです!

 

点検業務について詳しくはこちらへ

STEP8

チェック

  チェック

 

現場で撮ってきた写真が、ちゃんと撮れているか、撮り忘れがないか等、事務所に帰って、パソコンに落としてから、チェックします。

STEP9

dd

    報告書

 

現場が終わると報告書を作成します。主に、CAD、Excelを使用します。場合によっては、派遣のCADオペさんにも手伝ってもらいます。

 

▶丁寧な仕事を常に心がけています!!

 

STEP10

納品

  納品

 

報告書が出来上がると、お客様に納品に伺います。お客様から要望があれば、それに沿った形で、報告書を作り替えます。

STEP11

請求書

   請求書

 

納品が完了すると、お客様のお支払条件に沿って、請求書を提出します。

ページの先頭に戻る